ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

4人家族の携帯電話料金を見直したら、年間32万円節約できそうです

ライフログ ライフログ-投資・お金

 

【スポンサーリンク】

 本日、家族の携帯電話の一部を楽天モバイルに切り替えました。

 

変更した回線内訳

私が所有する携帯電話は、既にdocomoから楽天モバイルに切り替えております。

何の問題もなく使えて、かつ、月額料金が7,000円近く安くなりました。

 

一方、家族が所有する4回線分(うち一つはiPad専用)は家族割で、かつ、2年縛りの違約金を払うのが馬鹿らしいということで、契約切り替え時を待つことにしておりました。

 

この4回線のうち、2年縛りが解除となったiPad分はwifiでしか繋げていないので契約終了とし、もう1回線分を楽天モバイルに切り替えたのです。

(残り2回線分は、来年の2月が契約更新なので、そのときに切り替える予定なのですが・・・、今日、一緒にやっておけば良かったと大後悔)

 

【スポンサーリンク】
 

 

docomoで契約変更したときのやりとり

iPad分の契約終了とするためには、docomoの店頭でないとできないとのこと。

10時の開店に少し遅れて入店すると、すでに1時間待ちとなっています。

 

ようやく順番が来て、iPadの契約終了はサクッと終わり、格安SIMに切り替える1回線分もすでにMNP予約番号を取っていたので特段、何かをする必要はありません。

で、当面、残す予定の2回線分をどうするかを、現行をベースに計算をしてもらったら、2台で月額22,000円だと言われたのです。

 

「ちょっと待って。なんで、そんなに高いわけ?」

と思わず聞いてしまいました。

 

これまで4回線分は、いわゆる家族割でデータ通信量15GBをシェアする契約で、トータルで月額約27,600円を支払っていました。

この中には機器代の分割支払い分にオプションが少々入っているのですが、それにしても一人1万円越えというのは、高すぎるんじゃないか?って思ったのです。

(ちなみに私が楽天モバイルに切り替えるまでは、パケ放題というプランを単独で入っておりましたが、それでも8,000円台でした)

 

たしかに、提示されたパンフレットでは、家族割りの15GBシェアが15,000円くらいの価格で表示されています。

が、その下に一人用として、10GB6,000円と出ていたのです。

 

そこで、

私「各々10GBのプランにしたら、いくらになるの?」

と計算してもらったら、

店員「一人、8,000円くらいになります」

との答え。

 

私「だったら、20GB使えて16,000円のほうが、15GBで22,000円よりも得だよね?

店員「おっしゃるとおりです」

 

私「なんで?おかしくない?」

店員「家族割りの人数と、回線間でデータの融通を利かせると、こちらのほうがお得な場合もありますので・・・。私には、それ以上のことは・・・(苦笑)」

私「あ、そう・・・」

 

細かい計算式はわかりませんが、家族割りやパケットのシェアは、組み合わせによって金額の上下幅が大きいということなのでしょう。

だから、使い方にあったプランを選んでいないと、割高になる可能性がある、と言うことなんですね。

ウチは、まさにその典型で、とても不経済な契約にしていたようです・・・。

もちろん、その場で10GBのプランに変更してもらいました。

 

楽天モバイルは、やっぱり安い

その後、引き続き、楽天モバイルのショップへ。

既にMNP予約番号がありますので、サクッと切り替えが完了しました。

今回、切り替えるのは、ほとんどデータ通信をしない回線用なので、契約したのは3.1GB使えるプラン、月額1,600円です。

 

で、楽天モバイルで他の2回線と同じ10GBの契約にしたら、いくらかかるのか調べてみたら、なんと、たったの2,960円なのです。

 

先ほど継続したdocomoは8,000円。なので差額が5,000円。

つまり、9,000円の違約金を払うのがイヤで契約変更を先送りした結果、5,000円×3ヶ月分の15,000円分が持ち出し2台分で12,000円の「得べかりし利益の損失」となってしまったのです・・・。

あわせて一緒にやっておけば良かった、ほんと、後悔しました。

ということで、残り2台も速やかに楽天モバイルに切る替えます。

f:id:b-zone-salariedman:20161210220909p:plain

 

年間32万4千円の節約

誤解なきよう記しますが、私自身はdocomoに対して、ネガティブな思いは一切ありません。

携帯電話の先駆者として、多大なインフラ整備と技術革新を行ってくれた会社であり、現在、新興の携帯電話会社に回線を提供してくれているわけです。

ただ、生活防衛を考えると、同社の、もしくは、メガキャリアと呼ばれるau、softbankの携帯電話を持つことは、特定の機種にこだわりがなければ、決して得策ではない、と改めて思いました。

 

さて、我が家4人の携帯料金の月額ですが、楽天モバイルに切り替えることで、36,000円から、21,000円にまで引き下げられました。

そして、残り2台も楽天モバイルに切り替えると4台で月額9,000円にまで下ります

その差額は月27,000円ですから、年間32万4千円も節約できます。

もともと、ウチは不経済な入り方をしていたので、節約額が大きいのでしょう(笑)。

 

楽天モバイルへの切り替え方法

楽天モバイルへの切り替え方法ですが、とても簡単です。

以下、ネット経由での申し込み方法を簡単に書くと、

  1. 現在契約している携帯電話会社から「MNP予約番号」を取得する
  2. 【楽天モバイル】 のサイトにアクセスし、住所・氏名・「MNP予約番号」等を入力し申し込む
  3. 数日後、送付されるSIMカードを入れ替える
  4. 楽天モバイルに電話をし、「回線をつないでください」と伝える
  5. 切り替え完了

との流れになります。

 

免許証等、身分を証明するものを写メ送信することと、と本人名義のクレジットカードが必要ですが、それ以外はいたって簡単です。

また、切り替えできた段階で、元の携帯会社の契約は自動的に終了されます。

 

 

おわりに

ふるさと納税、クレジットカード、そして、携帯電話・・・。

これまで、よくわからないからと放置していたものを、今年になっていろいろと見直しました。

切り替えの手間はかかるにせよ、随分と節約することができました。

 

「なんか、面倒くさいんだよな」と思っている方も、一度、試されてはいかがでしょうか?

やってみたら、案外、簡単にできますよ。

 

以下のエントリーは参考になると思いますので、ぜひ、お読みください。

b-zone-salariedman.hatenablog.com

 

 お申し込みはこちら

 

では、また。