ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

石を磨いていたら「マインドフルネス」というストレス軽減状態になっていたというお話

仕事のヒント 仕事のヒント-マインドセット

 

【スポンサーリンク】

キラーストレスという物騒なものをはじめ、様々なストレスを軽減・解消する方法として

  • 運動
  • コーピング(自分のストレスを観察し、意識的な対策を繰り返す)

そして、

  • マインドフルネスストレス低減法

があります。

 

この「マインドフルネス」は、いわゆる「瞑想」モードに入ること。

過去や未来を考えるのではなく、今の自分に注意を向けることが主眼となりますが、これがなかなか難しいのですよね。

 

ところが、先日、「石磨き」をやっていたところ、図らずも「マインドフルネス」と同じような状態になったのです。

 

もらった石とあわせ、石を磨いたときの「マインドフルネス」状態について記します。

 

【スポンサーリンク】
 

 

お土産にもらった「原石」

友人から、お土産として「原石」をもらいました。

ひとつは、「宝石の卵」。そして、もう一つは、私の誕生石である「ガーネット」。

 

宝石の卵を割ってみた

こちらが「宝石の卵」です。

f:id:b-zone-salariedman:20170105173100j:plain

表面は結構ザラザラしていて、持ってみると見掛けよりは随分と軽いもの。

これをハンマーで割ると、中に宝石が入っているというのです。

 

割ったのが、これ。

f:id:b-zone-salariedman:20170105173356j:plain

叩くときに、力を入れすぎたので、粉々になってしまいました・・・(泣)。

中は、なんと言う名前なのか知らないのですが、水晶っぽい小さな結晶がびっしりと詰まっていました。

 

誕生石ガーネットを磨く

f:id:b-zone-salariedman:20170105175128j:plain

もうひとつもらった誕生石がこれ。

ごらんのように、電動ノコギリで切り出したもので、キューブ状です。

いかにも「原石」といった風情、これはこれで味があるのですが、せっかくなので磨いてみようと思いました。

 

石磨きの方法

石磨きでやったことは実に単純、ヤスリや砥石でひたすらこするというものです。

 

使った道具は、こちら。

f:id:b-zone-salariedman:20170105175927j:plain

右から、「取って付きの目の粗い砥石」、「鉄ヤスリ」、「中くらいの粗さの砥石」(以上、100円ショップで購入)、そして、目の細かい砥石(子供の彫刻刀砥ぎ用)。

 

石を水で濡らしながら、目の粗い砥石で石の角を落とし、鉄ヤスリと中くらいの粗さの砥石で形を整えていきます。

 

まだ使っていませんが、仕上げ前には目の細かい砥石と耐水紙やすりを用い、最後に研磨剤で磨く予定です。

 

丸くなってきた

で、現在の石の様子はこちら。

f:id:b-zone-salariedman:20170105180906j:plain

大分、丸くなってきました。

作業をしたのは2日間で、時間は5~6時間くらいです。

 

マインドフルネスを実感

初めのうちは、

「何をどうしようか」「どうすればキレイに磨けるか」「効率的に磨くにはどうすればよいか」

なんてことを考えながら、石を磨き始めました。

 

実際にやり始めると、思った以上に削れないもので、

「なんでこんなことを始めたんだろう」「随分と時間の無駄使いをしてるなぁ」

と、半ば後悔の気持ちが強かったのです。

 

それでも続けていると、今度は、「今、気になっていること」や「これまでにあった出来事」「これからの予定」などなど、取りとめもないことが頭に思い浮かんでは消えていきます。

そして、昔のことを思い出して、腹を立てたり、イヤな気持ちになったりと、ネガティブな感情が湧いてきて、ヤスリでこする力が強くなったりしていました。

 

そんな思いを巡らせながらも、削り続けました。

少し削っては全体を見て、違う箇所を削る。

これを繰り返していると、少しずつ、本当に少しずつ丸みを帯び、形が整ってきたのです。

 

ふと、時計を見たら、軽く1時間くらい過ぎていました。

このときに思ったのが、「今まで、何も考えていなかったなぁ」ということ。

いつのまにか、目の前の石を削ることに没頭していて、何も考えていない状態になっていたのですね。

 

「マインドフルネス」の具体的な方法は、

  1. 背筋を伸ばして、両肩を結ぶ線がまっすぐになるように座り、目を閉じる
  2. 呼吸をあるがままに感じる
  3. わいてくる雑念や感情にとらわれない
  4. 身体全体で呼吸するようにする
  5. 身体の外にまで注意のフォーカスを広げていく
  6. 瞑想を終了する

であり、今の「ただ呼吸をしている自分」だけを意識するということです。

 

石磨きの最中、石の磨き方や、形の整え方に対する意識のみで、他はほとんど何も考えていない状態は、まさに「マインドフルネス」と同じ状態だと思ったのです。

 

まとめ

「マインドフルネス」は、いわば「瞑想」状態となることであり、なかなか、出来ないものです。

が、石磨きをしたら、期せずして「マインドフルネス」というストレス軽減状態になれたようなのです。

 

本当にこれが「マインドフルネス」状態なのか確証は持てませんが、少なくとも「何も考えていない状態」を体感できたのは事実。ちょっと嬉しかったですね。

 

おそらく、ですが、何かに没頭して「我を忘れる」状態は、「マインドフルネス」そのものではなくても、とても近い状態であると思います。

 

私の場合、たまたま「石磨き」でしたが、人によってそれぞれの「我を忘れる」はあるはず。

一度、ご自身が没頭できるもので我を忘れてみると、ストレス軽減できるかもしれませんよ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

では、また。

 

b-zone-salariedman.hatenablog.com