ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

流れ星が楽しめます。今週末、「ペルセウス座流星群」がやってくる!

ライフログ ライフログ-お出かけ

 

【スポンサーリンク】

流れ星は、お好きですか?

 

星が流れている間に、願い事を三度唱えると叶う、なんて言われていますが、夜空を見上げていて、流れ星を見つけると嬉しくなりますよね。

 

「三大流星群」

年に3回、同じ時期に、たくさんの流れ星が見られる期間があります。

それは、お正月とお盆、それにクリスマスの少し前。

 

それぞれ、

  • 「しぶんぎ(四分儀)座流星群」(1月2日~5日)
  • 「ペルセウス座流星群」(8月12日~15日)
  • 「ふたご座流星群」(12月11日~14日)

と呼ばれているのです。

*期間は、流れ星が多く目視できる日幅で、年によって微妙にずれます。

 

これら以外にも、流星群と呼ばれるものはいくつもありますが、ほぼ安定した時期に、とても多くの流れ星が見られることから「三大流星群」と呼ばれているのです。

その中でも、数の多さで一番と言われている「ペルセウス座流星群」が、この週末にやってくるのです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

「流れ星」と「流星群」

「流れ星」とは、宇宙にあるチリが地球に近づいた際、引力で引っ張られ、大気との摩擦熱によって燃えているもの、を言います。

 

そして「流星群」とは、「彗星」が作ったチリの帯に地球が近づいた際、大量のチリを引っ張り込むことによって、多くの「流れ星」が出現しているものなのです。

 

地球は、同じ時期に同じ公転周期上にいますので、毎年同じ頃に「流星群」が見られるということなのですね。

 

どうすれば見られる?

たくさんの「流れ星」を楽しめる「ペルセウス座流星群」

どうすれば見られるの?ということですが・・・、ぶっちゃけ、天気次第です。

夜、晴れて星空であれば、北東の方角を見てください。

 

ピーク時に1時間で40個ほど流れますので、数分間、夜空を見上げていると、きっと流れ星を見ることができますよ。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160809090715j:plain

ペルセウス座流星群が極大 | 国立天文台(NAOJ)

 

もっと楽しむためには

せっかくなので、もっと楽しみたいと言う方は、以下をご参考にしてください。

 

ピーク

12日夜半から13日未明が一番たくさんの流れ星が見られると予測されています。

(本当のピークは12日22:00頃ですが、月明かりが残っているので)

また、高度が高いほど出現する数が増えるので、「夜明け前」がベストとなります。

 

11日と13日の夜でも流れ星を見ることができます。

 

観察場所

できるだけ視界が広く、かつ、暗い場所が良いです。

広い範囲で流れますので、視界が広ければ広いほど、見られる確率が高まります。

 

また、流れ星は、ものによって明るさがマチマチ。

街灯や店舗の照明などがあると、その光に負けてちゃんと見えないことも。

たくさんの流れ星を楽しみたいなら、できるだけ暗い場所を選びましょう。

 

その他

以下、場所によってと言うことですが・・・注意事項を。

  • 夏とは言えは、夜は冷えます。最低限の防寒の準備を
  • 絶好スポットでは、ガチで観測されている天文愛好家の方々が大勢います。騒ぐと怒られます。また、明るい懐中電灯で照らしまくるのはもっての外。光量の少ない懐中電灯を、移動時のみ使うようにしましょう
  • 長い時間、座って見上げていると首が痛くなります。ブルーシートを持参して、寝転がって観測すると、良いです

 

【スポンサーリンク】
 

大菩薩峠で見てきました

f:id:b-zone-salariedman:20160809110103j:plain

 

3年前の8月11日、「ペルセウス座流星群」を見に大菩薩峠に行ってきました。

標高1900mくらい、下層雲よりも少し高い場所。

視界は広く、余分な灯りは一切ありません。

野営はNGなので「介山荘」というしっかりした山小屋での宿泊です。

 

当日はかなり雲が多く、「流星は見られないかなぁ」と思っていたのですが、山小屋の先代のご主人から、

「もう少ししたら雨が降るよ。そしたら気温が下がって一気に晴れ上がるから、楽しみにしていなさい

と言われました。

 

夕刻(と言っても4時くらい?)、まさに話し通りにどしゃぶりになり、しばらくすると雨が上がって、陽射しが出てきました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160809110528j:plain

 

 

どんどんと雲がなくなり、青空が広がっていきます。

本当に短い時間のうちに、空の様子が一変しました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160809110635j:plain

 

そして、夜半、満点の星空となりました。

ピークの前日でしたが、数え切れないくらいたくさんの流星を楽しむことが出来ました。

(ピーク時は、大学の研究室や高校の天文部の生徒たちで大賑わいだそうです。あと、カメラに収める技量がなく、流星の写真はありません・・・)

 

山登りの場所としても、とても良いところです。ご興味のある方は、ぜひ、どうぞ。

 

終わりに

「しぶんぎ座流星群」と「ふたご座流星群」は、真冬なので観測はつらいものがあります。

でも、「ペルセウス座流星群」は、夏の流星群。

長い時間、外に出ていられるので、それだけ、多くの流れ星を楽しむことができます。

また、七夕のシンボルである夏の大三角形や、土星と火星が近づいているさそり座などなど、他にも見所がいっぱい。

 

この週末夜は、夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。

 

では、また。

 

 

よろしければ、こちらもどうぞ

◆ 哲学と妖怪の融合 『哲学堂公園』に行ってきました

◆ 埼玉県の特徴のある観光地(スポット)を紹介します

◆ 出張でケニアに行った時のおはなし

◆ 「世界一周航空券」って何?

◆ ハワイに現れた『二重の虹』の言い伝え