ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

100円ショップで買える登山に持っていくと便利なグッズ

ライフログ ライフログ-雑談

 

【スポンサーリンク】

 登山をしていると、「あれを持って来ればよかったなぁ」、「あれがあったら便利だったのになぁ」と思うものがたくさんあります。

 

下山してから登山ショップにいくと、え?っと思う値段が・・・。

機能、品質、そして、重量を重視した商品が並んでいるのですが、やはり、その分、お高くなっています。

 

安全に関わるものはケチってはいけませんが、消耗品などは、日常のものでいくらでも代用がききます。

そして、結構、たくさんのグッズが100円ショップで買えるのです。

 

こちらでは、100円ショップで買える登山で持っていると便利なグッズを紹介します。

 

レジャーマット

f:id:b-zone-salariedman:20160531183919j:plain

 

一番のおすすめはこれ。レジャーマットです。

写真のものは、30cm四方で三つ折型。昼食時や、ちょっと休憩するときに、とても重宝しています。

 

腰掛けるときに、地面に木や岩が湿っているのはよくあること。直接座ると、ズボンが汚れたり、湿ったりしますが、これがあると大丈夫です。もちろん、お尻も痛くならないですし。

 

以前は、三脚式の軽量椅子を持参していましたが、足場が悪いと落ち着かなかったので、これに替えたところ、とても軽く、座り心地も良い感じだったので、以降、必ず持参しています。

 

ネット式巾着袋

f:id:b-zone-salariedman:20160531184849j:plain

 

ネット(網)状の巾着袋です。

これの利点は、何と言っても中身が見えること

着替え、食料、小物と、荷物を袋に入れて区分けするのに、レジ袋を使っていましたが、どの袋に何が入っているか、パッと見分からないんですよね。

 

なので、ザックの中をひっくりかえすことが頻繁にありましたが、ネット式の巾着袋に変えてからは、ひとつずつ確かめるという手間がなくなりました。

 

また、山小屋泊のとき、雑魚寝状態となります。

その際、レジ袋から荷物をだすと、ガサガサと音がして、周りに迷惑をかけますが、ネット式の巾着袋だと、ほとんど音がしないので安心です。

(レジ袋はゴミと着終えた服入れ用として使っています)。

 

 ティッシュ

水溶性ポケットティッシュ

登山中に、トイレではない場所で女性が用をたすことを「お花摘み」といいます。

(男性は、「きじ撃ち」といいます)

語源は定かではないですが、使用済みの紙を花に見立てているのかもしれませんね。

 

原則は「お持ち帰り」、なので、使用済みの紙も持って帰るべきです。

が・・・、どうしても、という場合は、せめて水溶性の紙を使いましょう。

 

一番良いのは、トイレットペーパーを持参すること。

日帰り登山で、荷物が嵩張るのはちょっと・・・と言うのであれば(芯を抜いてつぶせばさほどでもないですけど)、水溶性のポケットティッシュを用意しましょう。

 

ウェットティッシュ

そして、持っていると絶対良いのがウェットティッシュ

f:id:b-zone-salariedman:20160531191855j:plain

 

日帰りだと、20枚入り1パックで十分ですね。

食事前や用をたした後の手拭きとして、また、汗をかいたときに身体を一拭きするなど、そして、下山後、登山靴やリュックの泥落とし用として、本当に重宝します。

 自分は、もっぱら、ノンアルコールを使っています。

 

ウエットティッシュですから、当然、水溶性ではありません(笑)。

使ったら持ち帰りましょう。

 

 行動食・非常食

 お菓子・チョコレート・ドライフルーツ、吸い口のついたゼリーなどなど。人によっては、コンデンスミルクも。高カロリーで、食べやすいものを持参します。

 

チョコレート

私が、いつも持っていくのはこちら。ブラックサンダーです。

疲れてくると甘いものが食べたくなりますが、山頂で食べるのが、なかばクセになっています。

 2個で100円です。

 

ナッツ・ドライフルーツ

行動食として、もう一種類。ナッツ系とドライフルーツ系です。

ミックスになっているのを100円ショップでそれぞれ買って、適量をチャックつきのビニール袋(ジップロック)に取り分けて持参しています。

山中を歩きながら食べることが多いですね。

 カロリーメイト

 カロリーメイトも、持参しています。どちらかというと非常食用で、山中では食べないことの方が多いです。

 

その他

マッチ

標高が高いところでは、風は強いし、空気が薄いせいかガスライターが点きにくいのです。

バーナーに火をつけるのにいつも苦労していたのですが、マッチを持参するようになってから、楽にできるようになりました。

 

ガムテープ

登山靴のひもをガムテープで止めると、ほどけにくくなります。

また、ぬかるみが多い所に行くときは、あらかじめ登山靴の甲や側面に貼っていきます。

こうすると、下山後の靴の泥落としが格段に楽になりますよ。

 

私は経験ありませんが、衣服やザックに穴が開いたとき、そして、ネンザしたときの添え木の固定など、さまざまな使い道がありそうですね。

 

軍手

寒い時期は登山用の手袋を着用しますが、暑い時期は、そのまんま使用しています。

軍手だと、着け外しが楽ですし、さほどかさ張りません。何より、汚れたら気兼ねなく捨てられますので。

 

チャックつきビニール袋

中身が見えるので、重宝しています。

上述の行動食や、こまごまとした小物を入れています。

また、天気が悪いときは、衣服は大きめの袋に巾着袋ごと、また、地図もビニール袋に入れるのです。

すると、多少、雨に濡れても、何の問題もありませんので。

 

ミニポシェット

私が愛用しているザックは、収納用のポケットがとても少ないため、100円ショップで買ったミニポシェットを、ザックのベルトにつけています。

また、ベルト通しの付いたペットボトルホルダーも、100円ショップでゲットしました。

 

固形燃料

夏場で、「バーナーをガッツリと使わないけど、コーヒーくらいは沸かしたい」、そんなときは、固形燃料を持参します。

温泉旅館の一人用鍋で出てくるアレです。

 

バーナーに比べるととても軽いので、楽なんですよね。

持参したアルミホイルを下敷きに、そのあたりに転がっている石を積みあげると、ちょっとしたコンロの出来上がり。

一個だけだと心許ないので、複数個持って行きます。

 

まとめ

100円ショップで手に入る、登山で持っていると便利なグッズを紹介しました。

これら以外にも、まだまだたくさん、ありそうですね。