ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

話を聞いてもらえないとお悩みの方へ

仕事のヒント 仕事のヒント-コミュニケーション

 

【スポンサーリンク】

 

話を聞いてもらえない・・・。

つらいですよね。

家族や友人、あるいは、職場で、こちらは一生懸命話をしているのに相手は上の空だったり、ちゃんと話をしたのに忘れられたり・・・。

なぜ話を聞いてもらえないのかと、本当に悩んでしまいます。

何とかできるのなら、何とかしたい、ですよね。

 

ところで、あなたの周囲に、「この人の話は聞きたくないないなぁ」と思う人はいませんか?

何らかの理由があって、その人の話を聞くのはイヤなんですよね?

 

その理由は、もしかしたら、あなたの「話を聞いてもらえない」理由と同じかもしれません。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160601202750j:plain

 

「話を聞きたくない」理由、大きく分けて「話の内容がつまらない」「話の仕方がヘタ」の2つがあると考えます。

そして、もうひとつの決定的状況があるのではと言えるのです。

 

話の内容がつまらない

いくら相手が一生懸命話してきても、自分が興味を持てないと、聞こうという気持ちになれませんよね。

 

このように、自分がつまらないと感じるのは、相手の話が、

  • 自慢話
  • 後ろ向き・否定的な考え
  • 愚痴や悪口

などと言った「感じが悪い」場合です。

 

一方、話をしているテーマに興味は持てるけれど、

  • すでに知っている
  • 具体性がない
  • 主観だけを延々と話される

など、話の中身に価値がないと感じると、聞いていても「つまらない」ですよね。

 

そして、

  • 同じ内容を繰り返される
  • 言っている内容がコロコロ変る

と、だんだんとストレスが溜まり、聞くだけ損という気持ちになってくるものです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

話の仕方がヘタ

話の仕方がヘタな人には、「話し方」と「話し振り」の2つに問題があります。

 

話し方

思いつくまま話をされると、テーマがあっちこっちに飛びますし話の途中をすっ飛ばされると、つながりが理解できなくなり、何の話をしているのか分からなくなります。

 

専門用語や横文字、難しい言い回しをされると、言葉の意味が理解できないので、話の内容も理解できません。

 

そして、

  • 延々と話し続けられる
  • 一文がやたらに長い
  • 言い回しが極端(語感や語尾がきつい、断定的・あやふや過ぎ、表現がオーバー)

だと、聞いていてストレスを感じますよね。

 

話し振り

いかにも教えてやっているといった風に、押し付けがましく言われると抵抗を感じませんか?

 

そして、感情的な話し振り。

自分のおもしろい話に一人で大笑いしたり、悲しい話で泣き出したり、などと言うのはまだ良いのですが・・・。

 

問題は、怒り出す人を相手にするとき

他人の悪口を言っている人が、だんだんと感情が高ぶり、やがて、目の前の人を悪口の対象者に見立てて責め始める・・・、これは話を聞く以前の問題で、本当にカンベンしてもらいたいです。

 

こういった人たちは、自分はしゃべりたいことを一方的にまくし立てるけれど、相手の質問や意見などは一切無視します。

単にストレス発散の相手をさせられている、ということですね。

 

そして、話以外で不快感を感じることもたくさんありますね。

  • 甲高い声で早口でまくしたてる
  • 話がゆっくり過ぎて間延びする
  • 声が小さくて聞き取りにくい
  • はっきりとしゃべらない
  • やたらに近づいてくる

など。

相手が清潔感に乏しい人だと不快感に拍車がかかり、肉体的・精神的な負担を感じます。

 

【スポンサーリンク】
 

もうひとつの決定的状況

上に述べたものは、曲がりなりにも相手からの話は始まっています。

そのうえで、「話の内容がつまらない」「話の仕方がヘタ」、だから聞かないとなっているのです。

 

ところで、これとは別にもうひとつ、決定的な状況があります。

それは、端から「話ができない」という状況です。

 

この、「話ができない」という状況、ひとことで言えば、聞き手が話し手を「相手にしていない」ということ。

 

あなた自身、ある人のことを、

  • こいつのことは嫌いだから話をしたくない
  • こいつの言うことは嘘八百ばっかりで信用できない
  • こいつは、いつも大したことを言わない

などと思っていたら、その人の話は端から聞こうとしないですよね。

あるいは、聞く振りはしても、右から左に流していませんか?

 

程度の差はあるにせよ、相手(個人または組織)との人間関係がよろしくないと、「聞かない・聞いてもらえない」という「話ができない」状況になってしまいます。

 

こうなるまでには、さまざまな原因があると考えられますが、実に根深い問題と言えるでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

まとめ

「自分が話を聞きたくない理由・相手」について述べてきました。

 

あなたが「自分の話を聞いてもらえない」と悩んでいるのであれば、このどれかに当てはまらないか、チェックしてみてはいかがでしょうか?

そして、ひっかかるものがあれば、まずはそれを直すように意識するとよいでしょう。

 

「話の内容」も「話の仕方」も、いずれも話法上のテクニカルな問題です。

一朝一夕で直らないかもしれませんが、まずは、問題点を自覚することが大切ですよね。

 

でも、「話ができない」という状況であれば、人間関係を何とかするしかありません。

今の状況となったのはなぜかを探り、必要に応じて直すという作業を地道に重ねるしかないでしょう。

 

もっとも、相手に問題があることも十分考えられますので、あまり深刻にならないほうが良いかも、です。

 

では、また。