ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

マネジメントとリーダーシップは完全に別物と考えたほうが良い

上司・部下・人事評価 上司・部下・人事評価-部下を持ったら

 

【スポンサーリンク】

ウォーレン・ベニスという方をご存知でしょうか?

 

リーダー論の権威と言われるくらいの方だそうですが、恥ずかしながら、私は全く知りませんでした。

先日、書籍を手にする機会があり、読み始めたところ、これが実におもしろく、特にマネジメントとリーダシップは、質的に完全に違うものと強調している点に、とても共感しています。

 

ただ、読んでいて、少々、違和感を持ったところがあるので記したいと思います。

 

【スポンサーリンク】
 

 

違和感を持ったこと

以下、引用です。

  1. マネージャーは「管理」し、リーダーは「革新」する。
  2. マネージャーは「模倣」し、リーダーは「オリジナル」である。
  3. マネージャーは「維持」し、リーダーは「発展」させる。
  4. マネージャーは「秩序に準拠」し、リーダーは「秩序を創り出す」
  5. マネージャーは「短期的な成果」を、リーダーは「長期的な成果」にこだわる。
  6. マネージャーは「いつ、どのように」を、リーダーは「何を、なぜ」を、問う。
  7. マネージャーは「費用対効果(損得)」に、リーダーは「可能性」に目を向ける。
  8. マネージャーは現状を「受け入れ」、リーダーは現状に「挑戦」する。
  9. マネージャーは「規則や常識通り」に行動し、リーダーは最善を求め「規則を破ることも辞さない」
  10. マネージャーは「能吏」であり、リーダーは「高潔な人格」が求められる。

 

ざっと読まれて、どんな印象を持たれますか?

マネージャーとリーダーを対比させているからでしょうが、字面だけを追うと、マネージャーの仕事は、セコイというか、ショボイ印象を受けませんか?

 

私が感じた違和感は、このマネージャーがセコイ存在となっていることなのです。

そして・・・。

 

今はマネージャーとリーダーの仕事が、ゴチャゴチャになっている

昨今のマネジメント論では、マネージャーの仕事は、上述のリーダーがやるべきことで語られているケースが多いと思います。

これは、ただ単に30年以上前のウォーレン・ベニスの時代から、言葉の定義が変わってきた結果なのかもしれませんが・・・。

 

気になるのが、上述のマネージャーがやっていることは、今、誰がやるべきなのでしょうか?ということ。

答えはやっぱり、マネージャー、だと思うのです・・・。

 

これは、今のマネージャーは、昔のマネージャーとリーダーがやることを同時にやらなければならない、ということ意味しています。

 

つまり、この両方のスキルを持ち、かつ、バランスよく発揮する力が必要だということになるわけですが、それは非常に難しいことであり、多くのマネージャーは、能力的にできないのでは?と思うのです。

(よっぽどのスーパーマンなら、できるのかもしれませんが)

 

一方で、いわゆる部下たちは、マネージャーに対して、高いマネジメントスキルとリーダーシップを同時に求める傾向にあるでしょう。

そして、虻蜂取らずで両方ともできていない上司を見て、「ダメだ、こりゃ」となるのではないでしょうか。

お互いに不幸な時代ですよね。

 

 ・・・・・・・・・・

 

マネジメントとリーダー、両方の仕事がゴチャゴチャになって、全部マネージャーがやるべきであるという時代。

現実的には、どっちもまともに出来ずに、部下とのキョリは離れていくという悪循環。

これらが高じて、心身を損なうマネージャーが増えているとの話もあります。

 

ここから抜け出すには、マネジメントとリーダーシップは完全に別物と考え、両者を区分し、まずはマネージャーとして、マネジメントをしっかり行うほうが良いと考えます。

 

マネージャーがすべき仕事とは?

ところで、上述のマネージャーの仕事として書かれている項目ですが、リーダーと対比するとセコク見えますが、単独で見た場合、とても大事なことばかり書かれていると思うのです。

 

例えば、こう読み取ったらどうでしょうか?

 

  • 「管理」は、状況を正確に把握し、遅滞・過不足なく遂行させる
  • 「模倣」は、成功事例を基に、その再現を着実にこなす
  • 「維持」は、今より悪くならないような手立てを打つ
  • 「秩序に準拠」は、ルールを守り、逸脱による破壊から回避する
  • 「短期的な成果」は、当期目標という事業継続の最重要事項を達成すること
  • 「いつ、どのように」は、具体的かつ現実的な業務遂行のマイルストーン
  • 「費用対効果(損得)」は、事業継続上、重要は判断事項
  • 「受け入れ」「規則や常識通り」は、現実的な選択

 

非常に保守的ではありますが、いみじくも最後に書かれているように、マネージャーは「能吏」でなければ、組織と事業の安定性・継続性は保てないのではと考えます。

 

もし、数多いるマネージャーの皆が皆、リーダー的に振る舞えば、たま~にホームランは出るかもしれませんが、その前に三振の山を築いていくのは目に見えていますし、ホームランが出る前に試合終了となるかもしれません。

 

【スポンサーリンク】
 

ところで、マネージャーは、上記の仕事を全て、しっかりと出来ているでしょうか?

一見セコク見えますが、かなりハードルが高い事項ばかりなので、相当、難しいのではと思うのですが・・・。

 

 ・・・・・・・・・・

 

マネージャーとして足元を固めるというのは、保守的と捉えられる仕事を堅実にこなしていくことであり、それは、やっぱり難しいことだと思います。

「マネージャーは、大変だからなりたくない」という人が増えているのも、仕方ないのかもしれませんね。

 

リーダーシップの王道

リーダーシップの王道

 

 

リーダーになる[増補改訂版]

リーダーになる[増補改訂版]

 

 

本物のリーダーとは何か

本物のリーダーとは何か

  • 作者: ウォレン・ベニス ,Warren Bennis,バート・ナナス,Bart Nanus,伊東奈美子
  • 出版社/メーカー: 海と月社
  • 発売日: 2011/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

では、また。

 

<関連記事>

上司の心得

 

部下との関係

 

業務指示

 

部下の成長支援

 

年上の部下との接し方