ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

税金天国ではなかった・・・タックスヘイブン

ライフログ ライフログ-社会・経済

 

【スポンサーリンク】

「パナマ文書」が世を賑わしていますね。

この中に、電通やNHKを連想させる名前の会社が入っていて、両社とも火消しに大変です。

 

この「パナマ文書」、パナマにある「世界で最も口の堅い」オフショア法律事務所が出所だそうですが、ここでよく耳にするのが「タックス・ヘイブン」という言葉。

 

恥ずかしながら、ずーっと「タックスヘブン=税金天国」だと思っていましたが、正しくは「タックスヘイブン(tax haven)」なんですね。

 

タックスヘイブンとは

タックスヘイブン(tax haven)とは、租税回避地、海外のお金を集めるために、あえて税金を優遇している国のことを指しています。

havenとは「港・停泊所」のことで、これが転じて「聖域」の意味も。

 

パナマをはじめ、バハマやケイマン諸島など中南米の国が有名です。

*ヨーロッパの小国にも結構あります。アジアでは香港、シンガポールなど

これらの島国では、観光以外に特にこれといった産業がありません。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160425084536p:plain

 

タックスヘイブンであることのメリット

そこで、税金を優遇することで外資を集めているわけですが・・・、税金を取らずにどうやって国を潤すの?との疑問が。

 

これを調べたら、

  • 海外の企業誘致によって雇用が生まれる
  • 海外から富裕層が移住することで消費が増える
  • 海外から資本がくることで、金融機関が集まる
  • 企業や金融機関から登録料などの手数料を徴収できる

といったメリットがあり、これらによって国の収入を増やしているのです。

 

もともと、観光資源以外に何もないところですから、へたに産業を興そうとするよりも、このやり方の方が手っ取り早いと言うことなんでしょうか。

 

【スポンサーリンク】
 

タックスヘイブンの利用法

いろいろな利用の仕方がありますね。

ペーパーカンパニー

タックスヘイブンにペーパーカンパニーを作って、そこと取引することで税金逃れができます。

例えば、A社がパナマにB社というペーパーカンパニーを作ります。

そして、A社が自社内で開発したシステムを、B社が開発したことにします。

A社はB社から書類上で購入したことにすると、その分だけA社は日本で税金を払わなくて済みます。

もちろん、B社もパナマには税金を払いません。

 

個人資産

財産税やら相続税、それに、現地の金融機関に預金すると、利子課税が免除されます。

 

日本からだと、住民票をタックスヘイブンに移し、1年のうち半分以上そこで暮らすと・・・。

ただ、日本国内で発生する所得には、日本の税金がかかりますし、タックスヘイブン対策税制があって、現実的には難しいですね調べたけれどよく分からなかった・・・

 

マネーロンダリング

非合法のお金でも、現地の金融機関に預けたら、表のお金になります。

船や飛行機で、「運び屋」が札束で持ち込んでるとのこと。

 

おわりに

一説によると、日本からケイマン諸島に流れているお金は3兆円を超えているそうですが、日本に限らず多くの国では税収が目減りしているわけです。

また、犯罪絡みやテロの資金源になっているとの話もあり、タックスヘイブンに対して、情報開示するよう大きな圧力がかかっていますね。

 

「パナマ文書」には、さまざまな人や組織が記載されているようですが・・・、これから、どうなっていくのでしょうか?

 

b-zone-salariedman.hatenablog.com

 

それでは。

また次回。