ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「旬」の話を切り口とする詐欺話には、絶対に気をつけたい

ライフログ ライフログ-社会・経済

 

【スポンサーリンク】

「それ、ダメでしょ?」

昨年末のことですが、知り合いから

「こんなことがあるんだけど、どう思う?」

って聞かされた話があります。

 

かいつまんで書くと、

  • 友人から、とある商品の販売組合の会員にならないかと誘われている
  • その会員になると、普通に売っている商品が、ほぼ原価で購入できる
  • 入会金と月々の会費は必要であり、毎月、最低○○円は購入しなければならない

との内容です。

 

「原価で購入できる」というその原価とは一体何か?とか、購入義務って何?という疑問は残りますが、ここまでは、まあ、無くは無い話だと思うのですね。

 

ところが、さらに、続きがありまして

  • 出資金を出すと、正会員となれる
  • 新規の会員を入会させると紹介料がもらえて、かつ、その人の購入額の何パーセントかが、継続的にもらえる
  • さらにその人が、別の会員を入会させれば(つまり孫会員)、その人の購入額の何パーセントかももらえる

というものです。

 

どこからどう見ても「マルチ商法」だと思うのですが・・・。

しかも、原価で買えるのに、売り上げの何パーセントかをもらえるって・・・、ねぇ。いくら何でも変ですよね。

 

オレ:「それ、ダメでしょ?」

知人:「でしょ!でも、この話を持ってきた人は完全に信じきっていて、もう○十万円も、お金出したって。何とか止めてやりたいんだけど、聞く耳持たず。それどころか、『儲かるから、一口乗れよ』としつこく勧誘してくる」

 

オレ:「じゃあ、もう放っておくしかないんじゃないの?その人もいい大人なんだから、そのうち、ヤケドしたことに気づくだろうし・・・」

知人:「そうなんだけど・・・。その人が、『どうしても会の人を紹介したい』って3人で会うことになってる」

オレ:「え?行くの?それはそれで面白いから、行ってきてよ。で、どんな感じだったか、後で話を聞かせてね」

【スポンサーリンク】
 

「ダメだ、こりゃ」

そして、後日談です。

これまた、かいつまんで記すと、

  • やってきたのは30代半ばの、清潔感あふれるさわやかな男性
  • これまで、さまざまな企業にコンサルタントとして関わり、いくつもの会社を立ち直らせた。特にサービス業関係のコンサルタントには絶対の自信がある、と自己紹介
  • その会の創設メンバーらしく、仕組みを「ITベンチャー」という風に表現していた

といった感じ。

 

弁舌あざやかに、その会の概要を説明をしたそうですが、話している内容は明らかに矛盾だらけ。

にも関わらず、隣の席で仲介者は、その幹部を尊敬のまなざしで見ているので、正面切って矛盾点を追求すると、ややこしくなりそうな雰囲気だったそうです。

 

そこで、変化球的に、「さきほど、コンサルをやってきたと言っていたが、具体的にどんな会社に、どんなコンサルを行ったのか、教えて欲しい」と聞いたとのこと。

 

すると、サッと顔色が変わり、「どの会社かは具体的に言えないし、業界もいろいろな問題があるから、それを素人に説明するのは難しい。でも、やってきたことは信じて欲しい」みたいなことを、答えたそうです。

胡散臭さ、満載ですね・・・。

 

「ダメだ、こりゃ」ということで、一人、先に辞したそうですが、やっぱり友人のことが心配で、何とか止められないか、と気を揉んでいます。

 

この会は、まだ実働していないため、「詐欺」とは言い切れないのでしょう。

一方、もしかしたら「マルチ商法」まがいとして、すでに”ご当局”の内偵が始まっているかもしれません。

いずれにせよ、本人が聞く耳をもっていない以上、私の知り合いにできる事は無いと思うのですが・・・。

 

旨い儲け話

「投資詐欺」というのもあります。

古くは、大問題になった金のペーパー商法や投資顧問、近年では、牧場の投資話がありましたね。

また、「M資金」などは、名前を変えつつ、今でも横行しているそうですし・・・。

 

この手の儲け話に引っかかる人は、自業自得だという人もいます。
たしかに、そういう面はあるでしょう。
 
ただ、「そんな、旨い話なんか、ある訳ない」と最初は疑っていても、言葉巧みに話をされるうちに信じてしまい、やがて取り込まれていく、そんな人もたくさんいるはずです。
 
残念ながら、騙されたお金は、まず返ってこないし、最後は自己責任ということになるのでしょうけれど・・・。
いずれにせよ、「出来すぎた儲け話には乗らない」のが一番ですね。

 

振り込め詐欺

 

一方、「振り込め詐欺」があります。

これは、多くが「儲け話」ではなく、人の弱みや無知に付け込んで騙すという詐欺の中でも、本当にあくどい手口だといえるでしょう。

 

知り合いで、その手の電話がかかってきた人は何人もいますし、中には、親御さんが支払い直前まで至り、銀行のATMで係りの人から止められて、初めて気づいたという人もいます。

 

そして、ずいぶん前ですが、私の義母にも電話がかかってきたことがあるのです。

幸いにも、「おかしい」と電話を切ったそうですが、言葉巧みに話を持っていこうとしていたようで、「あれじゃぁ、騙されても仕方ない」と言っていました。

 

ちなみに私は、関西弁しかしゃべれません。