ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

あなたは自分の「顔」に責任を持てますか?

仕事のヒント 仕事のヒント-マインドセット

 

【スポンサーリンク】

気をつけたい8つのポイント

人間の内面を言い表すのに、「実にうまく表現しているなぁ」と感心した言葉があります。

 それは、以下の8つ。

  • 性格は顔に出る
  • 生活は体型に出る
  • 本音は仕草に出る
  • 感情は声に出る
  • センスは服に出る
  • 美意識は爪に出る
  • 清潔感は髪に出る
  • 落ち着きのなさは足に出る

 

いかがですか?

 

はじめて、これらの言葉に接したとき、自分自身を振り返ってみて、あるいは、周囲にいる人を見回してみて、「言えてるなぁ」って思いました。

 

自分の顔に責任を持て

アメリカの元大統領リンカーンの有名な言葉に

 「男は40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て」

というのがあります。

 

閣僚を選任するにあたり、その候補として、ある人物が推薦されました。

大変有能な人であり、推薦人は「是非に!」との強い思いがありました。

ところが、リンカーンは即座に拒否したとか。

理由は一言、「俺はあの男の顔が嫌いなんだ」と。

 

推薦人としては納得がいかず、「顔には責任ないではないか?!」と食い下がったのですが、その際にリンカーンが発したのが、上の言葉だそうです。

 

顔は作られていく?

性格の分類の仕方は、いろいろなやり方があります。ですから、すべての性格上の要素が顔に出る、というものではないのでしょう。

 

f:id:b-zone-salariedman:20151214204942j:plain

 

それでも、いわゆる本質的な人間性といったものは、顔に出ているものだと思います。

どのような人生を歩んできたのか、つまり、日々の場面場面で何を考え、どう行動してきたか、それらの積み重ねによって人の内面で育まれてきたものが、「顔」に滲み出てくる、ということですね。

 

 思いやりのある人は、やさしい顔に。

 明るく前向きの人は、ほがらかな顔に。

 意思の強い人は、しっかりとした顔に。

 性根の悪い人は、悪人顔に。

 

【スポンサーリンク】
 

 

こう考えると、その人の生き様によって、顔は作られていくものと言えるのでしょう。

リンカーンは男性限定の物言いをしたようですが、これは女性にも十分あてはまると思います。

 

年をとってからも変わっていく

とは言いながら、「40歳を超えると、固定してしまって変わらないか?」というと、そうでもないと思うのですよね。

 

その人の置かれている状況によって、「顔」付きが変わるってことは、いくらでもあります。

 

例えば、過酷なビジネスの最前線で指揮を取っていたときは、鬼のような面相であった人が、引退が決まったとたんに好々爺のような優しい面持ちになる、など。

 

ということは、自分で自分の心持を変えることができれば、自分で「顔」を変えることもできる、となるわけですよね・・・。

 

【スポンサーリンク】
 

まとめ

顔に責任を持つということは、自分の生き様に責任を持つことであるとともに、今の自分の心持にも責任を持つ、ということだと思います。

 

逆に、鏡を見たときに、「感じ悪~」って顔が映っていれば、まずは心持をチェックすることが大切かもしれません。

 

そして、上記の8つのポイントのうち、下の6つは全部、日々、注意していれば変えられるものですので、これまたチェックが大切かと。

 

もっとも、2番目の「体型」だけは、急に何とかできるものではありませんが・・・。