ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「クレイジージャーニー」を視て、20年前を思い出す

ライフログ ライフログ-感じたこと

 

【スポンサーリンク】

f:id:b-zone-salariedman:20151215012944j:plain

「クレイジージャーニー」って番組、ご存知でしょうか?

毎週木曜日の23:53TBS系列で放送されていて、

世界を巡る狂気の旅人(クレイジージャーニー)をスタジオに招き、体験を語ってもらったり、番組スタッフと同行ロケをする。

というもの。

 

松本仁志、設楽統(バナナマン)、小池栄子の3人が、MCです。

松本が絶妙のボケをかまし、設楽がクールに受け止め、小池栄子がほどよく絡んでくる・・・のですが、スタジオシーンはほとんどなく、『ハード』なロケ映像がメインとなった番組構成です。

 

【スポンサーリンク】
 

 

「クレイジージャーニー」という題名通り、毎回、まともな神経であれば絶対に近づかない場所に行く人が、ゲストとして出てきます。

 

  • 『グレートジャーニー』を完全に人力で実行している冒険家
  • アメリカのギャングやスラムの住人を被写体としている写真家
  • 単独、徒歩で北極点を目指す冒険家
  • 8000m峰全14座を制覇した登山家
  • 異端過ぎる風習を巡るオカルト研究家

などなど。

 

そんなすごい人たちの中でも、私が一番大好きなのは、ゴンザレス丸山さん。

いろんな危険地帯に行くジャーナリストですが、番組では世界のスラム街を探訪されています。

 

世界の危険に挑む99の言葉 (文庫ぎんが堂)

 

今週は、ケニアはナイロビにあるキベラスラムでした。

100万人の住人が暮らす世界最大のスラム街を紹介していたのですが・・・。

 

私、いまから丁度20年前の12月中旬、仕事でケニアに出張したことがあります。

その際に、このスラムの近くを車で移動しているのですね。

 

車でそばを通っただけですし、「スラム」っていう目で見てませんでした。

また、規模は全然小さいのですが、同じような場所が彼方此方にあったので、そんなに意識していなかったのですが・・・、TVを見ていて、「ああ、そういえば、こんなところがあったなぁ」と思い出しました。

 

来週の放送では、ゴンザレス丸山さんが監禁されるみたいですね。

番組に出演されているので、無事に帰国されているようですが・・・(笑)。

どんな内容か楽しみです。

 

ちなみに、裏モノ?番組では、

  • 千原ジュニアの「ダラケ」
  • 小藪千豊の「BAZOOKA」

も、おすすめです。