ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

これはダメ!確実に上司から嫌われる、やってはいけないこと(一発ドボン/やってしまいがちなこと/案外やっていること)

上司・部下・人事評価 上司・部下・人事評価-上司との付き合い方

 

【スポンサーリンク】

     f:id:b-zone-salariedman:20151024190026p:plain

絶対に嫌われる一発ドボンの言動

第三者の前で辱める、蔑にする、舐めたもの言いをする。

 これらは説明の必要ないですよね(笑)。

 

ウソをつく。ごまかす。

何かをやらかして、自分の立場が悪くなりそうなとき、ウソをついてゴマかそうとする人がいますが、これも一発ドボンです。

まず、ウソはバレます。絶対にバレます。ウソの上塗りをすると余計に苦しくなります。そして、信頼してもらえなくなります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

つい、やってしまいがちなこと

言い訳する。

上司が聞きたいのは「事実」と「今後の対応案」であって、言い訳ではないのですよね。それを聞いたところで、何の進展もなく、ただの時間の無駄ですから。

ちゃんとした上司であれば、事実説明を受ける過程の中で「問題点」を把握します。あなたに落ち度がなければ、言い訳したいことも理解してくれますし、逆に「ねぎらい」の言葉をかけてくれるでしょう。

なのに、くどくど自己弁護されると、だんだんムカついて来て、逆に攻め込んできます。

こうなると、もうお手上げです。あなたの悪いところをトコトン、あげつらってきます。言い訳が全くの逆効果となってしまいますね。

素直に「私の落ち度です。申し訳ありません」と謝りましょう。

 

 

案外やっていること

指示・命令を受けたとき、「嫌そうな顔をする」「考え込む」。

これも、やってしまいがちなんですよね。言葉に出さなくても、態度に出るって。

一回・二回なら許されても、毎度だと間違いなく嫌われます。

上司の性格にもよりますが、厳しい人だと「なんだ、コイツは。文句でもあるのか?」って捉えますから。

そこまでじゃなくても、「お願いしにくい奴」と思われると、「良い仕事」が回って来なくなります

 

特にキツイ仕事を指示・命令するときは、上司は内心「嫌がるだろうなぁ」って思いながら声をかけてくるものです。そこで露骨にイヤな顔をされたら・・・、ね。

 

「以前はこうおっしゃっていましたが・・・」と言う。

上司が以前と違う指示を出す、これも、結構あると思います。でも、「言ってることが違うじゃないか」と思っても、それを言葉にしてはいけません。

必ず一旦、スルーして様子を見るようにしましょう。そのうち上司から「前はこう言ったけど、実は・・・」と変化した理由を説明してくれる場合があります。

もしなければ、そこまでの話の内容をしっかり理解したうえで、「今の○○という指示になったのは、状況が△△から××に変わったからですね?」と確認できればベストですね。

 

指示内容が変わるのは、

 1.状況が変わった

 2.上司の気が変わった(前回の認識が甘かった)

 3.上司が前回に指示したことを忘れていた

のいずれかです。

 

ただ、その理由は残念ながら直ぐにはわかりません。

1であれば、「以前は・・・」と言ってもあまり問題はありません。

でも2と3は、上司の立場からすると大変、都合の悪いことですよね。その場合、正面きって指摘することは、地雷を踏むのと同じことです。

 

前回とは違うことを言い始めたな、と思っても、「上司に対して大人の配慮をしてあげる」くらいの大らかな気持ちで臨むのがよろしいかと思います。

 

「どうしましょう?」って聞く。

会話の中での「どうしましょう(かねぇ)?」というのはありえますが、メインテーマを丸投げして、上司に対して指示を求めるは良くないですね。

また、仮に選択肢を提示していても、自分の意見や判断基準を提示せずに「どうしましょう?」って聞くのもアウト。

「お前はどうしたら良いと考えてるのか?」と切り返されるのがオチです。

 

「どうしましょう?」って言葉が出てくるのは、何らかの判断が必要なときです。

その際、上司は「どのような選択肢があり、どのような判断をすべきか、その理由は何か」を把握したいわけです。

そして、最終結論は上司が出すにせよ、これらを考え提示すべきは担当である部下、つまり、あなたなのです。

 

それを、「どうしましょう?」って持ってこられると、「こいつは何も考えていない。担当者としての自覚もなければ責任感もない」と捉えても仕方ないことなのです。

 

【スポンサーリンク】
 

まとめ

さて、以上、記してきたこと以外にも、上司に嫌われる言動は多々あると思います。

逆に上記の言動をとっても、全然、気にしない上司もいるかもしれません。

人、それぞれですからね。

ただ、会社組織の中で、どういうスタンスを取るのかはあるにせよ、会社にいる人たち、特に上司と仲良くやっていて損することは、まずありません。

少しでも良い会社生活を送りたいなら、仕事以外の部分でも、努力することが大切だと思います。

 

b-zone-salariedman.hatenablog.com