ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

仕事で締め切り前にテンパる人は、あらかじめ成功と捉える範囲を広く持つと良い

仕事のヒント 仕事のヒント-スキル・ノウハウ

 

【スポンサーリンク】

 

    f:id:b-zone-salariedman:20151019215211p:plain

 

締め切り前に、必ずテンパる

小学校時代、夏休みが終盤になると、半泣きになりながら、ずーっと宿題をやっていた・・・、そんな経験はありませんか?

 

夏休みが始まる頃は、「夏休みの計画/一日の過ごし方」みたいな表を作って、それなりに取り組むものの、三日経ち、一週間が過ぎると、完全にだらけた生活に浸っている・・・。

そして、二学期が始まる直前は、親に怒られながら宿題をする。

こんな「キリギリス状態」、経験した人って、結構いると思います。

かく言う私は、全ての夏休みが「キリギリス状態」でした。

 

仕事で大切なことは、いろいろあります。

その中でも「納期を守る」ことは、一番か二番かと言うくらい優先度の高い事項ですね。

それを分かっていながらも、いつも締め切りギリギリまで引っ張ってしまい、あせる、テンパるを繰り返してしまう・・・。

 

小学生と変わりなし、かもしれません。

でも、この状況って、ある面、仕方がないと思うんですよ。

と言うのも・・・。

 

業務計画を立ててから実行まで

上司から

「○○と言う仕事を君に任せる。納期は来月の22日だから。期待してるよ!」

と指示されました。

やる気満々「ハイ」な気分で業務計画を立てます。

 

初めのうちは、業務計画に基づき一生懸命に取り組むものの、間違いなく「中だるみ」が起きます。

やってる最中に様々な問題が起きたり、他の仕事で忙しくなったり。

そして、途中で指示された仕事に飽きてくるかもしれません。

すると、どうしても「中だるみ」状態になってしまいます。

 

しかも、業務計画は「ハイ」な状態で作ったものなので、自分が「ロー」のときは、「なんでこんな計画にしたんだろう?」と、かったるく感じるものです。

おまけに、「納期まで、まだまだ時間がある」と思った瞬間、「まぁ、いいか」ってなってしまいます。

そして、ダラダラ~っと時間が過ぎて、気づくと納期直前、あせり始めるのです。

 

【スポンサーリンク】
 

いかがでしょうか?

いつもそうではなくとも、一度くらいは、身に覚えがあるのではと思います。

 

成功と捉える範囲を広く持つ

この締め切り前にテンパることへの対策ですが、大きく2つの方法があると思います。

それは、「成功と捉える範囲を広く持つ」ことと「他の人に頼る」です。

 

まず、「成功と捉える範囲を広く持つ」についてですが、はじめに最低限、絶対これだけはクリアすることを決めます。

そして、一番うまく出来た場合と、まあまあこんなものかと思える場合を考えるのです。

つまり、アウトプットを大きく3つのレベルで考えてみるのですね。

 

気持ちが「ハイ」だと目標も「ハイ」に設定してしまう

業務計画を立てる際、気持ちが「ハイ」なままだと、必ずと言って良いくらい、達成目標も「ハイ」に設定してしまいます。

上述の「一番うまくできた場合」として設定されるレベルですね。

 

これをベースに業務計画を立てると、その中身はおのずと厳しいものになってしまいます。

つまり、納期間際に「出来てない!」ってテンパるのは、もしかしたら、自分の能力を超えた「餅の絵」を描いているかもしれないのです。

 

自力で出来る最低ライン

立派な計画を立てようが、結果的に何も出来ないというのは最悪です。

 

だったら、せめて自力で出来る最低ラインを決め、それを達成するための業務計画をつくるべきなのです。

その際は、冷静になって、自分に対して見栄をはらずに作ることが大切なのですね。

 

この最低ラインですが、本当に下のレベル、テストで言えば赤点ギリギリに設定します。

あわせて、それに費やす労力や時間も、最低レベルで計画します。

すると、いくらなんでも、やらざるを得ないでしょう。

 

後は、さっさとやるだけ。

ハードルが低くなっている分、とっつきやすくなっているはずです。

そして、「ハイ」なときに作ったであろう計画よりも、早く片付けられると思います。

 

上司から見れば、手を抜いているのは明らか、だけど、一応の結果は出しているので、怒るに怒れないといったレベル。

もっとも、文句は言われなくても、イヤミは言われるかもしれませんが・・・。

 

余裕があればアウトプットに上積みをする

こうやって、最低レベルのアウトプットを確保できれば、あとは、自分の楽しみや面白みとして、アウトプットを上積みすれば良いですね。

仮に上積み分は、何も手を付けられなかったとしても、割り切れば良い話です。

とにかく、締め切り間際に焦ることはなくなります。

 

最も大切なのは厚かましさ

さて、このやり方。大切なのは、最低限のモノさえ確保できれば成功と思い込む厚かましさだと思います。

あわせて、他は捨ててしまう勇気、場合によっては、上司や同僚からのイヤミや指摘にも開き直ることも大切かもしれません。

 

そこまで心臓は強くないよという方は、最低限の達成目標を、事前に上司に刷り込んでおくと良いと思います。

本当は最低限なんだけど、そんなことはチラとも見せずに、「目指す目標はこれです」と主張するのです。

 

これが通れば、ちょっとしたことでも上積みできれば、「良くやった!」って褒めてもらえるかもしれません。

 

その2の「他の人に頼る」は、こちらです。

b-zone-salariedman.hatenablog.com