ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

仕事とは、山に登るようなもの

仕事観 仕事観-成長について

 

【スポンサーリンク】

  f:id:b-zone-salariedman:20150913235941j:plain

 

「なぜ山に登るのか?」

「そこに山があるから」という有名なセリフは、人類で初めてエベレスト登山に成功したジョージ・マロリーという登山家言葉です。

#このセリフ、一説によると、マロリーは何度も何度も「なぜ山に登るのか?」と聞かれめんどーくさくなっていて、適当に答えたものという話もあります・・・。

山登りが好きな人は、この回答が「わかる!」、そうでない人は「???」となるようです。

 

山登りに限らず、どんなことでも、いくら言葉で「いいよ!」と説明されても、本当にその良さを理解するのは難しいと思います。

そして、何となく理解はできた気にはなれても、本当に理解出来ているか?という疑問は残る。

実際に自分でやってみて、その良さを自分が体感したかどうか、これが一番大きいのでしょう。実体験に勝るものはない、と言うことでしょうね。

【スポンサーリンク】
 

 

山登りで得られるもの 

木々の繁った山道を歩き、汗をかき、へとへとになりながらも頂上に到着すると、本当に爽快な気分になれます。

 

そこから、次はどこに行こうとワクワクしながら計画を立て、道具を揃えていき、週末の天気を気にするようになりました。毎日、下半身の筋トレを怠りません。

そして、登る山もだんだんと高い山、険しい山へと変わっていきます。それまでと同じような山だと満足出来なくなっていくのです。

 

  f:id:b-zone-salariedman:20150914161903j:plain

 

出かける先は遠く、リュックは重くなります。現地での歩行距離は長く、道は険しくなります。雷やヒョウに出くわし、真夏でも寒さのあまりダウンジャケットを着込む。崖っぷちを横歩きしたり、よじ登ったり。何度か危ない思いも経験します。

このあたりが、「なんで、そんな思いをしてまで山に登るの?バカじゃないの?」って思われるゆえんでしょうね。

 

でも、こうやって苦労しながらも、途中で何度も引き返そうと思いながらも、目標地点(それは主に山の頂上なのですが)に到達したとき、その達成感たるや何とも言えぬ大きいものがあるのです。

 

苦労した分だけ、達成感は大きいし、得られる爽快感も大きいと思います。
実際、ロープウェイなどでかなり高いところまで連れて行ってもらい、頂上まで少しだけ登っても、達成感はあんまり感じられないですね。

 

山に登るということは、もしかしたらマゾヒズムの最たるものかもしれません。

ですが、このプロセスは仕事に良く似ているのです。

 

f:id:b-zone-salariedman:20150914181003j:plain

 

仕事と山登りの共通点

仕事と山登りの共通点について3点、書いてみたいと思います。

 

1明確な目標があること

山登りには明確な目標があります。ほとんどが山頂に立つことですね。

まず、目標となる山に対して、自分の体力や技量がそれを達成するのに十分かどうか「分析」します。場合によっては、目標変更もあり、ですね。

 

つぎに、この目標を達成するために、いつ出発するか、どのルートにするか、どれくらい時間をかけるかといった「計画」を立てます。

さらに、どんな装備が必要かを検討し、それらを「準備」をします。

 

そして、天候はどうか、予定している登山ルートは実際に通れるか、などの「情報収集」を行い、当日、登り始めても、予定通りに進めているか、体力の消耗度合いは問題ないか、などの「確認」を行います。これは登頂後も、下山するまで続きます。

 

「・・・」に書いている事項、すべて仕事を行ううえで必要なプロセスですよね。まさにPDCAを細分化したものです。

 

それともうひとつ、目標がないと気持ちが続きません。

道中、へとへとになってても、てっぺんにたどり着きたいって目標があるから、次の一歩を前に踏み出せます。そして、頂上が見えた瞬間、俄然、元気が出てくるものですね。

 

【スポンサーリンク】
 

2困難が伴うこと

苦労をし、困難であればあるほど、出来たときの達成感は大きいものです。

険しいルート、重い荷物、崩れる天気、沈む太陽・・・。がけ崩れや増水のためルートを迂回したり、あげく道に迷ったり・・・。こんな困難を、苦労して乗り越え山頂にたどり着く。

 

仕事でも、あらかじめ楽に出来るとわかっていることは、やっていてもつまらないし、目標にはしないでしょう。

頑張ったら出来そうだ、でも、何かの条件が悪くなると出来ないかもしれない、それくらいが目標として丁度良いように思います。

 

3自分の意思で自分でやること

山登りは、プロでない限り、他人に頼まれて登ることはまずないです。

一方、仕事は自分で考えて自分でやることもありますが、会社の方針に基づいて上司から命令されてやる、という場合が圧倒的に多いですよね。

 

問題は、このときに「やらされている」と思うか、「自分の意志でやる」と思えるか、です。

どんなことでも最後に意思決定しているのは自分だということを忘れない。「やらない」という選択肢があったけど、それを選択しなかったわけですからね。そして、そうでないと「やらされ感」だけを持ち、最後まで「他人の仕事」という発想になると思うのです。

 

ここまで書いてみて、これらは、仕事や山登りに限ったことではなく、様々なことに当てはまるように思えます・・・。

 まさに”人生そのもの”と言うと、大仰過ぎるでしょうか・・・。