「君たちに明日はない」(垣根涼介著)というリストラ小説が本当におもしろかった

食わず嫌いってありませんか? 食べる物での喰わず嫌いはもちろんですが、漫画や小説などで、表紙を見たとたん、なぜか読む気がしなくなるというもの。 私は何人か、食わず嫌いとなっている作家がいまして、垣根涼介氏もそのひとり。名前は知っていましたが、これまでその作品を一度も読んだことがありませんでした。 本屋…